2019-12-09

みんなで・いっしょに・お昼ごはん ゲスト:河野ちよみさん(やいの夢)

【参加者募集:12/15】つぶつぶ料理と江戸時代のおみそ汁を食べよう!

Pocket

みんなで・いっしょに・お昼ごはん「つぶつぶ料理と江戸時代のおみそ汁を食べよう!」

えごまや古代米、もちむぎ・・・
「やいの夢」河野ちよみさんが、心をこめて育てた竹田うまれの食材で、身体にもうれしい「つぶつぶ料理」と、江戸時代、竹田エリアにあった岡藩で飲まれていたという「五斗味噌」をつかってつくったおみそ汁を、みんなでつくって食べましょう。

日時:2019年12月15日(日)10:45〜料理/12:00〜お昼ごはんスタート

会場:みんなのいえ カラフル(竹田市竹田町542-2)

講師:河野ちよみさん(やいの夢)

参加費:300円(カラフル協力金として)

参加方法:下記URLにアクセスのうえ、お申込みをお願いします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScNTpjrr0WnPkM9yaP5jkSCgcUqd7vTY8SJh6dquna1G4DQ-Q/viewform?usp=sf_link

●メニュー

・ごはん:「ちよみの色色米」ごはん
・おみそ汁:江戸時代のレシピを復刻「五斗味噌」のおみそ汁
・大皿料理:(現在、考え中です)
・スイーツ:えごまもち

※現時点の予定です。予告なく変わる可能性があります。
※随時更新します。

●タイムスケジュール

10:45集合、料理についてのお話
11:00〜料理開始
12:00〜河野ちよみさんのお話
・河野ちよみさんってどんなひと?
・[お昼ごはんについて]つぶつぶ料理と農業
・[お昼ごはんについて]岡藩生まれの「冥加訓」(みょうがくん)って?
12:15〜いただきます!

●講師ご紹介:河野ちよみさん Kawano Chiyomi

「やいの夢」主宰。1948年竹田市久住町白丹生まれ。
結婚を機に、久住連山の麓にある竹田市福原の棚田で農業をはじめる。
「みんなが食べて健康で、幸せになるものを」と、化学肥料を用いず30年以上農業を続けている。
「4月生まれで好奇心旺盛」なちよみさんは現在、米・雑穀・もち麦・ニンニク・椎茸・菊芋・大麦・玉ねぎ・サフランを栽培する。
「穀物は地球の母乳」と話す、古代米をはじめとした米は、手作業で掛け干しをし、水力で精米する。
農産品の栽培・加工品販売に加えて、竹田ゆかりの歴史的な産物やレシピの復興にも力を入れている。
江戸時代、主に竹田市エリアを治めていた岡藩ゆかりの「小判大豆(岡大豆)」栽培を復興し、道徳の書「冥加訓(みょうがくん)」にレシピが記載されている、小判大豆(岡大豆)と塩、酒粕と米ぬかを用いた岡藩ゆかりの「五斗味噌」復興に、夫の通友さんと取り組んでいる。
「色が綺麗で美しい」ことから、緑米の穂の販売をくじゅう花公園ではじめたことが、栽培している農産品の商品化の最初だった。
その後、「竹田食育ツーリズム」に参加し、雑穀等の商品化に取り組む。
道の駅各所で販売するほか、現在は、福岡のDEAN & DELUCAで「ちよみの色色米」やきな粉の取り扱いがある。

●会場の「みんなのいえ カラフル」とは?
Facebook: https://www.facebook.com/taketacolorful/
HP: https://taketa-colorful.work/

主催:たけたの食べ方編集室(たけた食研究会)
協力:NPO法人Teto Company

2019年度大分県共食の場の拡大事業

関連記事

大分県竹田市役所 保険健康課 竹田市大字会々1650番地 TEL.0974-63-4810 FAX.0974-64-9150