2020-02-14

レクチャー&ワークショップ[たけたのたべかた2020]

食と、竹田と、地球と未来 〜食×SDGs〜


「SDGs」(エス・ディー・ジーズ)ということば、最近、耳にしませんか?
「Sustainable Development Goals」の略称で、【「誰ひとり残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会実現のための国際目標】です。
私たちと【SDGs】、【食】と【竹田】をつなぎ、持続可能な社会づくりを考えるレクチャー&ワークショップです。

ひとことで”食”と言っても、いろいろな面があります。

日ごろ食べている食材、どのように選んでいますか?
食器を洗う洗剤、どうしていますか?

食を切り口に、日々の暮らしに関する身の回りのことから、生産者だから/料理人だから/消費者だから/竹田だからできることについて、環境学博士で、世界のSDGsの動きにも詳しい大岩根尚さんのレクチャーとワークショップで深めましょう。

私たちと世界との繋がり、経済とSDGs、世界の状況・・・。
レクチャー&ワークショップが終わったら、きっと、早速動き始めたくなります。

開催概要
日時:2020年2月24日(月・振休)13:30〜17:00終了予定 ※13:00受付開始
会場:竹田分館(大分県竹田市大字竹田1918番地2)

参加無料
講師:大岩根 尚 さん

なお、当日19時より、会場近くの「Osteria e Bar RecaD」で、講師の大岩根さんを囲んでの交流会を行います。
お気軽にご参加ください。

交流会概要

日時:2020年2月24日(月・振替)19:00開始
会場:Osteria e Bar RecaD(大分県竹田市竹田町498)
定員:20名
参加費:3,500円
申込期限:2月21日(金)まで
※申込期限より早く定員に達した場合、定員に達した時点で交流会申込受付を終了します。

講師プロフィール

大岩根 尚 さん

(合同会社むすひ 代表社員)

九州大学、東京大学で地質学・海洋地質学を専攻して博士(環境学)の学位を取得。その後、国立極地研究所へ 就職し、第53次南極地域観測隊として南極内陸部の調査に参加。帰国後、2013年10月から三島村役場のジオパー ク専門職員に。2015年にジオパーク認定取得後、2017年3月に三島村役場を退職。硫黄島に移住して「合同会社 むすひ」を立ち上げ、自然ガイドや大学の実習受け入れ、教育・研究のサポートを続けている。カードゲーム 2030 SDGsファシリテーター。

参加方法

下記URLからお申込みいただくか、下記【お問合せ】に記載の、竹田市保険健康課(担当:堀田)までご連絡ください。

お申込のためのURL
https://forms.gle/wzyHpLvduLYqrBEu9

お問合せ

たけたの食べ方編集室(たけた食研究会)
電話:050-3631-8538(事務局担当:澤田[しんしょうどう])
E-mail:taketanotabekata【@】gmail.com

竹田市保険健康課 担当:堀田
電話:0974-63-4810
fax:0974-64-9150

企画協力:EDIT TAKETA
企画:たけたの食べ方編集室[たけた食研究会]
主催:竹田市

関連記事

大分県竹田市役所 保険健康課 竹田市大字会々1650番地 TEL.0974-63-4810 FAX.0974-64-9150