2020-09-25

「これからの食育」勉強会実施!コロナ下でのワークショップの今を相原さんに聞く〜食育事業・料理教室の開催状況と注意点〜

Pocket

 

今、全国で多くの「食育事業」が、立ち止まり、見直しを迫られています。というのも「食」というものが、集い、食べ、語り合うことを内包するもので、それが新型コロナウィルス感染症の流行をなんとか食い止めようという社会の流れと対峙する面が多いからです。

「コロナが終わったら、また食育事業始めよう」というものではないということは多くの人が気づいてきています。「感染症とともに生きる社会」が来る可能性が高まっているからです。そして、集うことがリスクを伴うものになり、ともに食べることが難しくなっているからこそ、「食育」の価値は逆に高まっている…

そんな今だから、竹田の食を編集し、食育推進のために結成された「たけたの食べ方編集室」では、これからの社会…「ウィズコロナ時代が到来する」可能性が高いこの先に、どんなふうに「食育」を行っていけるのか、行くべきなのかを考える機会を設けました

初回は東京在住、子ども向けワークショップのプロフェッショナル相原里紗さんに話を聞きました

テーマはこの3つ。

  1. コロナ下でのワークショップの現状と開催の工夫や条件から
  2. リモートでの「WEB食育事業」は可能か?東京に住む「親子」にとっての竹田の食育情報の価値を聞く
  3. これからの食育事業・ワークショップのあり方〜ウィズコロナ&不確定社会の学びの場のあり方とは?〜

今回は、(1)の

コロナ下でのワークショップの今〜食育事業・料理教室の開催状況と注意点〜

について紹介しましょう。

相原里紗さんってどんな人?

ウィークエンドスクール for kids代表講師早稲田大学国際教養学部卒。企業を経て国家試験で保育士に。地域密着型アウトドア企画「のあそびっこプロジェクト」主宰。保育士目線で親子向けの企画に多数携わる。2児の母。

のあそびっこプロジェクト

ウィークエンドスクールfor kids 監修

東京でのワークショップの今を、地方在住の私たちが聞く意味

まずは、東京でのワークショップの開催状況を聞きました。

「なんで東京?竹田での食育事業でしょ?」と思う方もいるかもしれません。感染者数が多い東京と、第一波の時に数人感染者が出ただけの竹田では確かに状況は異なります。ただ、今後はどうなるかはわかりません。今後、第二波、第三波が来る可能性もないとは言い切れない。

そんな前提から、地方での食育に従事する私たちが、新型コロナウィルス感染症への予防アクションの「先進地」とも言える東京での状況と対策を把握することに意味があると考えました。

WEBでつないで開催しました!みんな変な顔のキャプチャ(笑)

東京で「ワークショップは、ほぼ開催されていない」

相原さん:新型コロナウィルス感染症の第一波が来て、いわゆる「自粛期間」に入り、ワークショップは軒並み中止になりました。そして、その後、今になっても、大人向け、子ども向け問わず、開催が難しい状況は続いています

ただ、ほんの一部ではありますが、開催を開始している団体や主催者もいます

比較的開催ハードルが低いのは、アウトドアや、外遊び系のワークショップやイベント。空間が広く取れるのでソーシャルディスタンスも保ちやすいし、密室状態にもならない。「三密」を避けるのが比較的容易です。

 

 

逆に、難しいのは「食」に関するイベントやワークショップ。WEB開催に切り替えてお家で料理教室にしているところが多いですね。

ただ、常設のクッキングスクールを自社で持ってしまっているところはそうもいかない。換気、消毒、体調管理を徹底しつつ、苦渋の決断で再開しているようです。

子ども向けの料理教室では、大人以上に行動の管理や統制が難しいので、工夫が求められます。通常、料理教室では最後に「みんなで食べる」ところがクライマックスになりがちだけれど、そこを敢えてしない、作るけど、食べずに、持ち帰ると言う工夫をしているところが多いですね。

食べる時には、どうしてもマスクを外しますし、感想を言い合いたくなる。「黙って食べましょう」とルール化しても味気無いですしね。

子ども向けならば、持ち帰って家族で食べることになるので、「こうやって作ったんだよ」と家族に自分が学んだ料理を伝えることになります。よろこんで食べてもらう経験をすることで、より料理を好きになる、自信がつくというメリットもあるでしょう

ワークショップを開催する際の注意点や開催条件は?

相原さん:まず、徹底しているのは、参加者の名前と連絡先の確認ですね。感染発覚の際連絡可能な状況を作ることは最低条件です。

それから、健康チェック。つまり、熱、咳が出ておらず不調がないかの確認。

 

マスク、手洗い、アルコール消毒の実施

 

アルコール消毒も忘れずに!

 

それから、人数制限。この人数制限についての相談を受けることがあります。「何人以下ならいいですか?」というような質問を受けるんですが、絶対的に何人ならいいってことはありません。基準は「何人以下」という人数基準ではなく、2メートルのソーシャルディスタンスを確保できるか?を重視すべき。なので、スペースや、換気の状況次第で人数を定めるのがポイントでしょう。

屋外ならば、少なくとも換気の心配はない。ただ、接触機会が減る工夫は必要。

 

もちろん、いくら広いからと言って換気をしないのはいけません。暑い夏、寒い冬には換気が億劫になることもあるでしょうが、運営側が「何分に一度」といったようにルールを決めて換気を行うようにすることが大切です。

 

復習すると

  1. 名前と連絡先の把握
  2. 健康チェック
  3. 物理的予防としてマスク、手洗い、アルコール消毒
  4. 人数制限
  5. 換気の徹底

この5点が、ワークショップ開催時の最低条件となるでしょう

 

その他にも「もしも」が起こらないように、運営側が事前相談を徹底することが大切ですね。

関連記事

大分県竹田市役所 保険健康課 竹田市大字会々1650番地 TEL.0974-63-4810 FAX.0974-64-9150